手荷物にご注意を

先日、姉と帰郷するために東京駅で待ち合わせをしていたら、姉が少し遅れて現れました。
いつも遅刻するのは私の方なので、珍しい事もあると思っていたら、何故か姉は酷く落ち込んでいる様子。
遅刻が原因では無さそう。
いざ新幹線に乗って、駅弁を買いながら水を向けてみました。
「何かあったの?落ち込んでる」
「…駅のトイレに忘れ物しちゃって」
「何?財布はあるよね」
「…化粧品」
「化粧品?貸そうか?」
「違うの、お母さんとあんたにあげようと思って買ったやつなの」

お土産の化粧品をトイレに入った時に、個室の荷物台に忘れてしまったのだとか。
よくあることとは言え、やってしまった方はショックでしょう。
「それにしても、お土産がどうして化粧品なの?」
「炭酸石鹸っていうやつで、使ってみたら良かったからさ」
「私はともかく、お母さん喜ぶのかな」
どちらにしても、問題のお土産は最寄り駅のトイレに置きざり。しかも駅員さんに届いているかどうかも怪しいです。
「駅に電話してみたら?届いてるかもよ」
「いいよ、届いててもいつ渡せるか分からないし」
それから何日も経ちますが、姉から忘れ物が見つかったという報告は有りません。
と言うことはやはり問い合わせ無かったのでしょうか。
それとも、問い合わせもしていないのか。もし届いていなかったら、それはそれで悲しいですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です