オーガニック系の化粧品を好む人が増えました。

最近は健康志向が高まって、オーガニックなものを好む人も増えました。
化粧品も添加物を使用していない無添加のものがふえてきましたね。
うちの妻が使っている「アテニア化粧品」は無添加ではないけれど添加物の使用を最低限に抑えた化粧品で、肌に優しいそうです。

ところでそもそも無添加とはいったいどんな添加物を使用していないものなんでしょうか?
実はこれ、明確に基準がないような状態みたいで、その判断は各メーカーによって違うようです。
基本的には「旧表示指定成分」を配合していなければ無添加というメーカー多いようですが私たちにはよくわかりませんね。

だからと言ってメーカーもめちゃくちゃなことはしないと思いますが(稀にそんな事件もありますが)、無添加=安全・肌に優しいと決めつけて買いあさるのは少々危険な感じがしますね。

とはいえ妻がつかう「アテニア化粧品」の親会社(という表現でいいのかな)のファンケルなどは元祖無添加化粧品メーカーだし、そのプライドにかけていいものを作っていってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です