情報の対価

デパートに菓子折を買いに行ったついでに、ふらっとコスメフロアに寄ってみました。
いつもそう言ったショップでコスメを買ったことがないので、色々アドバイスされたこともありません。
と言うよりも、何か言われる方が怖いので寄りつかなかった、というべきかもしれませんが。
兎に角、店頭でテスターはしないで、気に入ったものがあったらさっさと買って帰ろうと思っていたのです。
ところが、運悪くと言うべきか。
たまたま見ていたショップには、私以外にお客がいなかったのです。

これは危険、と慌ててみていた商品を置いて去ろうとしたのですが、掴まってしまいました。
「お客様、こちらでどうぞお試しになって下さい」
と、あれよあれよ言う間に、椅子に座らされ、メイクを落とされ、メーキャップする羽目に。するつもりなかったのに。
「お客様の肌の色なら、こっちの少しオークル系がよろしいですね」
などなど、色々アドバイスをされ、お目当てのコンシーラーを購入することに。
すると、何かのサンプルも袋に入れてくれました。
「何のサンプルですか?」
「タブレット式の炭酸です。これをお湯に溶かしてそれで洗顔料を泡だてると汚れが綺麗に取れるんです」
「炭酸ですか。そう言えば一時期人気でしたよね」
「そうですね。最近も炭酸石鹸などが人気です」
「そうなんですか」
思わぬコスメ情報をゲット出来たのは、ショップならではかもしれません。
けど、やっぱり気疲れするので、暫く行きたくありませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です